このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
事務局:seminar@89ji.com
受付:平日9:30~18:30

炎上なし!案件ゲット!
"勝ち組"アフィリエイターを目指せ!
~薬機法と景表法の実践講座~

セミナーは終了いたしました。
お申込みをいただきありがとうございました!

2021年7月28日(水)14:00~15:15
※アーカイブ配信 ~2021年8月16日(月)
受講料
無料

あなたは知っていますか?
アフィリエイトの基礎知識

  • 広告表現は法律(薬機法・景表法等)や業界ルールで規制されている
  • ルールを違反すると、逮捕や課徴金を課されることがある
  • 薬機法は広告主だけでなく、アフィリエイターも処罰対象になる
  • 実際に薬機法違反の疑いでアフィリエイターが書類送検された例がある
  • 現在、消費者庁が悪質なアフィリエイト広告の規制強化を検討している
  • 薬機法は広告主だけでなく、アフィリエイターも処罰対象になる

知ってはいるけど、不安や悩みがつきない…

ルールを守ってたら、
売上が全然上がらない!
何がOKで何がNGなの?
化粧品やサプリメント、
興味はあるけどリスクが怖い
今から新規参入して
生き残れる?
化粧品やサプリメント、
興味はあるけどリスクが怖い

ルールを正しく理解して、
ライバルに差をつけませんか?

高い「遵法意識」があなたの武器になります!
これからはアフィリエイトにも
コンプライアンスが求められる時代。


ルールを無視して過激な表現を続ければ、
広告主やASPから敬遠される上に、
法的なリスクや炎上リスクも…


ただでさえライバルの多い業界です。
広告表現にまつわるルールを、
正しく理解し、適切に対応することが
"勝ち組"アフィリエイターになる第一歩です!
  • そんなことで
    "勝ち組"になれるの?
  • そんなことで
    "勝ち組"になれるの?

むしろ、正しい知識がなければ
この先 生き残れません!

消費者庁が悪質なアフィリエイト広告の規制強化に動き出しています。

『一部の悪質な人たちの排除』と、まだ知識がない人による不当表示の未然防止が目的
 2021年6月10日、消費者庁が主催する第1回アフィリエイト広告等に関する検討会が開催された。
 消費者庁はアフィリエイト広告を比較的ポジティブに捉えており、「今後も市場規模は拡大していく」「広告主が思いつかないようなアイデアや 消費者目線での広告が行われて、需要喚起につながる」「成功報酬型なので初期費用が少なく、中小事業者やスタートアップ事業者等も利用しやすい」等述べられていた。
 一方で、「今回の検討会は、アフィリエイト広告全体に対して規制を強化することが目的ではない。『一部の悪質な人たちの排除』とまだ知識がない人による不当表示の未然防止が目的である。」と、検討会での論点も明確にした。
 消費者庁の資料にも、悪質なASPやアフィリエイターが排除され、不当表示の防止に向けて積極的に取り組んでいるASPやアフィリエイターが選ばれるようにするための、ベストプラクティスを考えると記載されている。

つまり…

これからは、正しい知識があって
適切な記事を書ける
ことが当たり前!

過激な記事を書くアフィリエイター
はもちろん、
ルールを知らないアフィリエイター
生き残っていけない時代がやってきます!

まだ間に合います!

今、正しい知識を持っておけば
これからのアフィリエイト業界でも十分戦えます!

本セミナーでは、今から"勝ち組"を目指したいあなたに
絶対身に着けておきたい知識を
お教えします!

こんな方におすすめのセミナーです

  • これからアフィリエイトを始めたい方
  • 化粧品・サプリメントの案件を取りたい方
  • 記事やSNSの投稿内容に悩んでいる方
  • 法律の内容をおさらいしたい方
  • アフィリエイトで生き残るスキルを身に着けたい方
  • 記事やSNSの投稿内容に悩んでいる方

本セミナーのおすすめポイント

ポイント1
アフィリエイトで押さえるべき法律が分かる
広告を出稿する上で、「景品表示法(景表法)」の知識はマスト!
商材によっては、「医薬品医療機器等法(薬機法)」や「健康増進法」の知識も押さえておかないと、知らず知らずのうちに法律違反…
なんて可能性もあります。

本セミナーでは、アフィリエイターなら絶対に知っておきたい景表法や薬機法について解説するほかに
「薬機法の課徴金制度スタート」や「素材写真の使用」など、気になる最近のトピックスについてもお話します!
ポイント2
具体的に広告で使える表現が分かる
「法律はわかった。…けど、どんな内容なら広告に書けるの?」
アフィリエイターだけでなく、広告に関わる人みんながぶつかるギモンですよね。
本セミナーでは広告事例を使って、OK表現とNG表現をご紹介します。
事例の題材はアフィリエイトの記事広告なので、セミナーが終わったらすぐに使える表現テクニックを身につけられますよ!
ポイント3
アーカイブ配信で何度でも見放題
「参加してみたいけど、時間が合わない…」という場合も大丈夫。
お申込みいただいた方全員に、アーカイブ配信をご案内いたします。
ぜひ何度も見返して、復習に役立ててください!
※アーカイブ期間 ~8月16日(月)23:59
ポイント4
テキストと広告内容のチェックシートが手に入る
セミナー視聴後のアンケートにご回答いただいた方全員に、講師が解説で使用したテキストと
出稿内容が法律のNG行為に触れていないかを確認できるチェックシート(簡易版)をプレゼントいたします。
これで化粧品やサプリメントの案件も怖くない!?
ポイント2
具体的に広告で使える表現が分かる
「法律はわかった。…けど、どんな内容なら広告に書けるの?」
アフィリエイターだけでなく、広告に関わる人みんながぶつかるギモンですよね。
本セミナーでは広告事例を使って、OK表現とNG表現をご紹介します。
事例の題材はアフィリエイトの記事広告なので、セミナーが終わったらすぐに使える表現テクニックを身につけられますよ!
check!

参加特典

セミナー受講後のアンケートにご回答いただくと

・本セミナーのテキスト
・広告作成時のチェックリスト(簡易版)

を、全員にプレゼントいたします!
プレゼント条件:セミナーを受講し、受講後のアンケートに回答した方

セミナー内容

■押さえておきたい法律のキホン
・化粧品・健康食品と薬機法の関係
・薬機法だけじゃない!
 知っておくべき法律(景品表示法・健康増進法)
・記事も広告!?
■気になるアフィリエイトの諸問題
・薬機法の課徴金制度とは
・衝撃のアフィリエイター摘発事例
・素材写真は「不適切広告」?
■気を付けるべき広告ルール
・化粧品:「医薬品等適正広告基準」
・健康食品:「46通知」
■広告事例で学ぶOK表現、NG表現
■質疑応答(15:00~)
お申込みフォームで記入いただいたご質問にライブで回答いたします。
※時間の都合上、全てのご質問にはお答えいたしかねます。ご了承くださいませ。
■気を付けるべき広告ルール
・化粧品:「医薬品等適正広告基準」
・健康食品:「46通知」

セミナー概要

■日時 2021年7月28日(水)
 14:00~15:15
■アーカイブ期間 2021年8月16日(月)まで
■料金 無料
■開催場所 オンライン
(Zoomウェビナー)
■講師 薬事法広告研究所 代表
稲留 万希子
■主催 薬事法広告研究所
■アーカイブ期間 2021年8月16日(月)まで

年間セミナー参加者約1600名!(2020年累計実績)

薬事法広告研究所がおくる
 アフィリエイト特化のコンプライアンスセミナー 

◆薬事法広告研究所とは?

「法律をすり抜けようとするのではなく、自社が何をもってお客さまとの絆を築いていくのか考え抜き、それを表現するクリエイティブを創る」
法律の「グレー」な部分をうまくすり抜けるという考え方ではなく、現実的に許されているところに基準を置き、あくまでも法律を遵守しながら売れるツールを作っていく、という考え方のもと、薬事広告に関するコンサルティングサービスを提供しています。
化粧品・サプリメントメーカーの他、広告代理店、広告媒体社、通信販売社まで幅広い企業よりお取引をいただき、現在のクライアント数は約240社。

法律や広告のルールをわかりやすく噛み砕いて解説するセミナーも月に1回開催中。
毎回150名以上のお申込みをいただいています。

講師紹介

稲留 万希子
DCアーキテクト株式会社 取締役
薬事法広告研究所 代表
 
東京理科大学卒業後、大手医薬品卸会社にて医療従事者向けポータルサイトの企画運営に従事。
東洋医学に興味を抱いたことをきっかけに、中医学専門学校にて3年間薬膳料理や漢方について学ぶ。
その間、ヘルスケア分野でのビジネス展開には薬事法を避けて通れない事から、薬事法と広告についても並行して学び、その後、国際中医専門員、漢方薬膳療術師、反射療法師の資格を取得。
2008年3月、薬事法広告研究所の設立に参画、副代表を経て代表に就任。
数々のサイトや広告物を見てきた経験を基に、“ルールを正しく理解し、味方につけることで売上につなげるアドバイス”をモットーとし、薬事広告コンサルタントとして活動中。
日々、大型セミナーから企業内の勉強会まで、年間100本を越える講演をこなす。
check!

参加特典

セミナー受講後のアンケートにご回答いただくと

・本セミナーのテキスト
・広告作成時のチェックリスト(簡易版)

を、全員にプレゼントいたします!
プレゼント条件:セミナーを受講し、受講後のアンケートに回答した方

よくあるご質問

  • Q
    当日は質問可能ですか?
    A
    申し訳ございませんが、お申込み時にお伺いする事前質問のみの対応とさせていただきます。
    個別でお送りいただいても回答いたしかねますので、ご了承ください。
  • Q
    PC以外での受講もできますか?
    A
    PCを推奨しておりますが、タブレット/スマホでの受講も可能です。
  • Q
    テキストはいついただけますか?
    A
    セミナー受講後のアンケートにご回答いただくと、自動メールにてDLページのURLをご連絡します。
    そちらからDLください。
  • Q
    開始時間に間に合わない場合、途中からの参加はできますか?
    A
    途中からの参加も可能です。見逃した部分はアーカイブ配信でご覧いただくことができます。
  • Q
    アーカイブ配信はいつ案内されますか?
    A
    録画データの編集が終わり次第、本セミナーのお申込みをいただいた方全員にご案内いたします。
    遅くとも、セミナー翌日中にはご案内いたしますので、お待ちくださいませ。
  • Q
    PC以外での受講もできますか?
    A
    PCを推奨しておりますが、タブレット/スマホでの受講も可能です。

セミナー内容

■押さえておきたい法律のキホン
・化粧品・健康食品と薬機法の関係
・薬機法だけじゃない!
 知っておくべき法律(景品表示法・健康増進法)
・記事も広告!?
■気になるアフィリエイトの諸問題
・薬機法の課徴金制度とは
・衝撃のアフィリエイター摘発事例
・素材写真は「不適切広告」?
■気を付けるべき広告ルール
・化粧品:「医薬品等適正広告基準」
・健康食品:「46通知」
■広告事例で学ぶOK表現、NG表現
■質疑応答(15:00~)
お申込みフォームで記入いただいたご質問にライブで回答いたします。
※時間の都合上、全てのご質問にはお答えできない場合がございます。ご了承くださいませ。
■気を付けるべき広告ルール
・化粧品:「医薬品等適正広告基準」
・健康食品:「46通知」

セミナー概要

■日時 2021年7月28日(水)
 14:00~15:15
■アーカイブ期間 2021年8月16日(月)まで
■料金 無料
■開催場所 オンライン
(Zoomウェビナー)
■講師 薬事法広告研究所 代表
稲留 万希子
■主催 薬事法広告研究所
■アーカイブ期間 2021年8月16日(月)まで

アーカイブ配信のご案内

大好評につき、アーカイブ配信のお申込みも承っております。
詳細は以下ボタンからご確認ください。